慶應学生メンタリングプログラム

先日、三田キャンパスに。

ひょんな縁で、学生向けメンタリングプログラムのメンターを勤めております。

一言で示すならD&Iなんだけど。背景や価値観も違う人がやりとりして、ぎこちなくも合意形成したり、つまづいたら考え直す、みたいなことがジワジワと進行している様を眺めております。

毎度ゲストのお話が興味深いので、それだけでも学びになっておりありがたや。

運営方法にもう少しアップデートの余地ありと感じたりもするけど、それすら価値観の摩擦&イノベーション余地ってことかな。