(準備中です)

#LOCAL Meetup 第3回:つくば市 小学校跡地の利活用で稼げるまちづくりを!

#LOCAL Meetup 第3回:つくば市 小学校跡地の利活用で稼げるまちづくりを!

#LOCAL Meetup 第3回:つくば市 小学校跡地の利活用で稼げるまちづくりを!

2019年7月10日 場所:虎ノ門ヒルズフォーラム

先日、第3回を開催しましたよ。
今回はつくば市。

周辺市街地振興室長の吉岡さんをお招きし、「小学校跡地利用」を題材に、市の状況や課題を共有したり語り合いましたよ。

次回は、ちょっと先ですが、9/26に南相馬市の方々にお話いただく予定です。
興味ある方はぜひご参加ください!

開催概要
主催者:イベントの未来をつくる105人

#LOCAL Meetupは、地方が抱えるさまざまな課題について、ワークショップ形式で議論する参加型イベントです。
毎回、自治体の担当者をゲストにお招きし、町の課題や悩み、目指すべき姿などを参加者に共有、それを基に皆でディスカッションします。

第3回のゲストスピーカーは茨城県つくば市。
教育や科学技術の町として知られるつくば市は、1987年にいくつかの町村が合併して誕生しました。合併前の町村時代に身近な生活の拠点だったのが、北条、小田、吉沼、大曽根、上郷、栄、谷田部、高見原です。つくば市ではそうした周辺市街地を活性化すべく、2年ほど前から取り組みを進めています。

その1つ、つくば市の北東に位置する小田は、年間約8万人が訪れる宝篋(ほうきょう)山の麓にあり、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」という全長180kmのサイクリングコースが町の中心部を走っています。しかし、多くの人々が訪れるにもかかわらず通過点になっていて、町にほとんどお金が落ちていません。そこでつくば市では、旧小田小学校の跡地を利活用して、地域が稼げるまちづくり事業を立ち上げたいと考えています。

今回はこうしたテーマについて、地元の経済が活性化するアイデアを参加者で議論しましょう。
(※ワークショップ内容は変更になる場合があります)?

■TIME TABLE | タイムテーブル
18:30 会場オープン・受付開始
19:00 挨拶・#LOCALの説明(伏見学)
19:05 スピーチ:つくば市の紹介と課題共有(つくば市役所・吉岡誠生さん)
19:15 グループに分かれてワークショップ(1テーブルに4~6人ずつ)
20:00 各グループの発表、フィードバック
20:30 懇親会
21:30 終了

■SPEAKERS | 登壇者プロフィール
・吉岡誠生さん
つくば市周辺市街地振興室長
1977年生まれ、土浦市出身。一級建築士。早稲田大学建築学科にて建築デザインを学び、設計事務所や建築専門誌の出版社に勤務後、つくば市に建築技師として入庁。空き家有効活用、マンション居住施策の検討などをとおして、地域の皆さんと共に考える楽しさを経験。平成27年から2年間、国土交通省土地建設産業局建設市場整備課に出向。現在はつくば市内の既成市街地を元気にするまちづくりを推進中、地域の皆さんの笑顔が何よりも励みです。

・伏見学
#LOCAL Meetup 代表
イベントの未来をつくる105人 ボードメンバー
1979年生まれ。神奈川県出身。
2002年に慶應義塾大学 環境情報学部卒業、04年に同大学大学院 政策・メディア研究科を修了。
出版社、ニュースサイト「ITmedia」を経て、19年5月からフリーランス記者。
主なテーマは「地方経済」「働き方/キャリア」。

▼イベント詳細

イベント開催カテゴリの最新記事